人気ブログランキング |

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近の私の楽しみは、四月に楽譜を入手したB.A.ツィンマーマンの無伴奏ヴァイオリンソナタの譜読みをすることです056.gif
ツィンマーマンの作品に触れるのは、これが初めて。音楽的にも形式的にも美しいので、他の作品も聴いてみたいな、と思います060.gif

無伴奏といえば、今秋、東京と広島で無伴奏ヴァイオリンのコンサートに出演いたします。いずれも、バッハのパルティータ2番がメインプログラムで、イザイ、バルトーク、ビーバー、ヴュータンを添えます。

今年は、共演者のいるコンサートでもなるべく一曲、無伴奏ヴァイオリン作品を演奏させて頂いています。無伴奏は、聴かれる方も演奏する方も容易ではないですが、私は素晴らしい演奏形態であると思っています。
今後も無伴奏をライフワークにして行きたいです016.gif
by violinmusik | 2013-06-28 09:41 | 日常
4月は高橋望さん、5月は伊藤憲孝さんのピアノで、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ1番を演奏しました。

4月の方は、松井クラシックのつどい様の録音エンジニアさんが、CDを作って下さっていて(拍手とブラボーも入れて下さっている・感激^_^)そちらを今朝、聴いてみました。5月のも、音楽のパレットさまから録音を頂きましたので、昨日、聴いてみたところでした。
こうやって一ヶ月も演奏した時期が違う演奏を今になっていっぺんに振り返ることができて、楽しかったです。

4月のは、とても勢いのあるヴィルトゥオジックな演奏066.gif望さんの卓越したピアノ技術はブラボーで、ヴァイオリンとの駆け引きも面白いと思いました。

5月は、私自身、落ち付きが出たのと一ヶ月練習し直したので安定感がありました。伊藤君のピアノは、オルガンを意識したような音色作り060.gifロマン溢れる歌いまわしで、多いに影響を受けました。

こんなに素晴らしいピアニストと共演できて幸せです024.gif
私の印象では、お二人は全く違ったタイプのピアニストさんです。また、居住地も広島と埼玉と遠く離れています。
そんなお二人ですが、「ザ・ロンターノ」というピアノデュオを組んでいらっしゃるとか⁈今月末に広島と東京でコンサートがあるようです056.gifいつか是非、聴いてみたいです。
by violinmusik | 2013-06-14 09:41 | 反省
昨日は母の命日。死んでから三年がたちました。
いつもと変わらず穏やかな日を過ごしました。
月命日は息子とあるささやかなイベントを行うことにしているのですが、今日はそれもせず、ほんとうにゆっくりと。草の竪琴を聴きながら…
by violinmusik | 2013-06-13 04:58 | 日常
1日に広島県民文化センターで桐朋の子供のための音楽教室広島分室設立50周年記念コンサートが開かれました。
卒室生の私も参加させてもらいました。

広島のチェロはすごいな、とあらためて思いました。デュオもチェロアンサンブルもとってもとってもステキ016.gif感動しました。

もちろん、ピアノやヴァイオリン、ヴィオラもすごい方ばかり012.gif

ヴァイオリンでは元大フィルコンマスの長原君、N響の田中さん、師匠の村上先生、音教の先生で広響の長谷川先生達とご一緒させて頂き、光栄でした012.gif

小さいころに教えていた生徒ちゃんも出演しており、2人とも立派に演奏していて感激しました053.gif
by violinmusik | 2013-06-11 15:46 | 演奏
ご無沙汰、大変失礼しております。
こちらの更新が出来ず、ご心配をお掛けしてしまい、申し訳ございません。
一時期、こちらのブログをFacebookやツィッターと連携をしておりましたところ、それが原因か定かではないのですが、ログインが全く出来ない状態に陥っておりました。
いま、連携を解いたので、今後はこのような不具合もなくなることと思います。

さて、先月の19日、あいにくの雨模様ではありましたが、無事、ヴァイオリン大好き5周年コンサートを終えることが出来ました。
おはこび頂いたたくさんのお客様、音楽のパレットのスタッフの皆様、そして素晴らしい共演者のみなさま、本当に有難うございました。

途中、会場内で倒れた救急車で搬送された父も、今はすっかり元気を取り戻しました。
ご心配をお掛け致しました。
原田康夫先生、脈を取ってくださって的確なご指示と判断をくださってありがとうございました。

しかし、本音を言えば、、私自身、とっても疲れました。
父については大事にはならなくて良かったとは思っています。
ただ、ハープ奏者の演奏中に誰かが倒れた音がホールに響き、直感ですぐに父と分かり、その後から動悸が始まって、、客席の照明を上げてもらったら案の定、父で。
その後もコンサートを続けるというのは。。。本当に、精神的にも肉体的にも鍛えられました。
3年前に、母の通夜と葬式の間にデュオリサイタルを行った時にも匹敵するくらい。

ここで、コンサートのことを振り返る予定が、苦労話しとなってしまってごめんなさい。
また日をあらためて、今回のコンサートでお世話になった方々には直接、御礼を申し上げたいと思います。そして、コンサートのことも録音を聴いてきちんと振り返る機会を作ろうと考えています。
取り急ぎ、無事を伝えさせてくださいね。
ご迷惑をお掛けしてしまった皆様、すみませんでした。
by Violinmusik | 2013-06-05 14:36 | 演奏