人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今日の「囲碁将棋チャンネル」の番組で、わかさま、インタビューされている所が映ってしまいました!?
プライベートでテレビに映るのは初めてで、テレビの中のヴァイオリン持っていない自分をみて、何か忘れ物をしたような感じがしました。
なんだか、今でも脈拍が上がって、落ち着かないです!テンション高いです。
おかげで、一日楽しめました♪
by violinmusik | 2010-10-26 01:18 | 囲碁
ヴァイオリニスト・パールマンも65歳になったんですね。
美しい音色も軽やかさも健在!
昨日のリサイタルは2000名の観客を魅了する素晴らしいものでした。

さて、今日、放送があった囲碁NHK杯。
知念かおり四段×蘇 耀国八段
知念四段が惜しかった〜〜〜〜!!!
二十五世本因坊治勲の解説だと、優勢だったのにな。
治勲さんがずっと知念さんを応援していて、彼女に何としても勝って欲しい!という気持ちがすごく伝わって来て面白かったです。
それに、治勲さん、「しちょう」も「攻め合い」もほぼ最後まで全部作ってくれるので分かりやすくて楽しくなってきます。

思えば、私が囲碁関係の本で初めて読んだのは、趙治勲が棋聖時代に書いた入門書でした。
その本は、「初歩の初歩」と言いながらめっちゃくっちゃ難しくって殆ど意味が分かりませんでした。治勲さんって何て初心者につらくあたる方なんだろう!治勲さんは凡人の気持ちが分かんないんだろうな、って思っていました。
しかし、今日の解説を観て、印象が変わりました♪あの飾らない風体も大好き!
治勲先生のその本をまた読んでみたくなりました、少しは分かるようになってるのかな・・・!?
by violinmusik | 2010-10-25 00:17 | 囲碁
今日は、ヴィターリ「シャコンヌ」とモーツァルトK.304のリハーサル。

モーツァルトK.304といい、ブラームスのホルントリオといい
彼らの「母の死」と深くかかわっている作品を弾くことができて、感慨深いわかさまです。

このブログを書きながら、やはりモーツァルトのお母さんの死と深くかかわっているという、K.310のピアノソナタを聴いています。

これらの作品からは、深い悲しみだけではなく、母への憧れのようなものも感じられます。

私も母を亡くしてみて、そりゃー悲しいし、心がからからになってしまいました。
でも、最近では、知りもしない母の子供時代のことが心に思い浮かぶんです。
けがれがなく、真っ白な、とってもとっても美しい映像です。
その彼女に、憧れを抱いたりしています。
もしも私が男ならば、恋をしてしまいそうな・・・

モーツァルトやブラームスがお母さんの死にどのように向かい合ったかは分かんないけれど
これらの作品を弾いたり聴いたりしてみて
ひょっとして、そんな「真っ白な」お母さんを思い浮かべていたのかな・・・
なんて思ってしまったわかさまでした。
by violinmusik | 2010-10-20 00:03 | 演奏
今日は、ゆるりと可部線に乗って、来月のコンサートのリハーサルに向かいました。

3年前、可部で生徒さんを教えていたので、週に一度、可部線に乗っていました。あの時の生徒さんたちはどうしているだろう…
島根県から通ってきていた方、彼氏にヴァイオリンを習わせてもらっていた女子高生(彼氏も勤労高校生でした!)、個性的な面々でした。
懐かしいな…

そんなことを思い出しながら、単線のための待ち合わせ停車時間をゆっくりと過ごしていました。
by Violinmusik | 2010-10-18 23:17 | 演奏
この作品を、お勉強中です。
今日は、いろんな演奏を聴いてみました。
中でもバロックヴァイオリンとフォルテピアノの名演があって、エレガントで軽やかで好きだな~と思いました。
わかさまは特にテーマの弾き方で悩んでいたのだけど、この演奏を聴いて、少しだけ光が見えました。
明日、実際に音を出してみよう!
by violinmusik | 2010-10-17 00:01 | 演奏
今日は、漁舟唄晩を中国筝の方とリハーサル!
とっても優しい方で、楽しい時間でした。

連日のリハーサルとレッスンで、ちょっとお疲れのわかさま。
今日は帰宅後、ぼーっとしてしまいました。

何気なくつけたテレビで、オーストラリアのコアラが減少しているという報道がありました。
病気のコアラちゃんがたくさん出てきて、めちゃくちゃかわいそうで、言葉を失ってしまいました。
先ほどインターネットであれこれ調べていたら、ホストコアラの制度があるということを知り、大変興味を持ちました。
もしもどなたか、コアラちゃん事情とコアラちゃんを保護する制度についてご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください!
本物のコアラちゃんは見たことないけど、ドアラちゃんやコアラのマーチやハナコアラがものすごく好きなんです。
コアラちゃんが絶滅なんてしてしまわないよね・・・その前に何とか保護しなきゃ。
と強く思ったわかさまでした。
by violinmusik | 2010-10-16 02:02 | 日常
今日は、KASANEのリハーサルでした。

まずは、メンバー紹介しておきます・・・
いつも共演させていただいている寺本沙綾香さんのピアノ、
そして一度ホルントリオをご一緒したことがある笠原慶昌さんのホルン、
アンドわかさまのヴァイオリンです。

今日はあんまり時間がなかったので、テンポの確認や、編曲もののチェックのみを行いました。
全曲ざーっと通してみたのですが、やっぱり感じるのはモーツァルトもブラームスもプロコフィエフも最高に良い曲だな!!ということ。
(わかさまの曲目への思い入れについては、また後日書きますね)

さてさて・・・ではそもそもKASANEとは、いったいなんなんだ~!
という方のために、KASANEのメンバー(リーダー!?)でホルン奏者の笠原さんが説明してくださった素敵な文章を、紹介したいと思います。

Trio KASANE
襲[かさね] 平安時代の女房装束(俗に言う十二単)等で、
着物の色合いの重なり具合を指すことば。
四季折々に応じた膨大な組み合わせがある。

馬の尻尾の毛で羊の腸を撚った糸を掻き鳴らす、ヴァイオリン。
動物の角をくりぬいた筒を唇で鳴らすところから始まった、ホルン。
機械仕掛けのハンマーで金属の弦を叩き木の箱に響かせる産業革命の申し子、ピアノ。
この3つの楽器の色を重ね、隣り合わせになったり、
透けて見えたり、溶け合ったりすることで、
元々の3色だけではない多様な色彩感が生まれる。
そんな襲の色目のような音楽を、皆様の耳にお届けしたいと願い、名付けました。


うわぁ~面白そう!と思って下った皆様!
ぜひ、12/9にミューザ川崎へ聴きにいらしてください。
詳しくは、当サイトのコンサート情報をご覧くださいね。
by violinmusik | 2010-10-15 01:35 | 演奏
今日は、ヴュータンの熱情的幻想曲の初合わせでした。
この曲は、超絶技巧満載で、20分間弾きまくる小品(というか大曲)です。
最近、この曲の読譜と練習で、一日のほとんどが終ってしまっていました。
そこまで気合い入れてるのに、演奏はまだまだです(涙・・・)
あしたからも、練習がんばろっと!!
大好きなこの作品、だからこそ良い演奏をしたいです。
そして、一人でも多くの方に聴いてもらって、ヴュータン・ワールドにハマって欲しいです♪
by violinmusik | 2010-10-14 01:29 | 演奏
「日本人は、学生の頃は素晴らしいけど、卒業すると途端に下手になる」
長年、東京SQで活躍された原田先生は、こうおっしゃっていました。
確かに・・・
まわりの友達をみていて、・・・学生の頃はもっと上手だったのにな、さらっていないのかな?
と感じてしまうことが最近多いです。
自分も気をつけなければ、と思うところです。

卒業すると、練習時間がぐんと減ってしまい、コンサートで弾いている時間が増えます。
もちろん、舞台でしか学べないこともたくさんあるし、そもそも人前で弾いてこそ「演奏家」なのですから、コンサートが増えることは喜ばしいことです。
同時に、一人でコツコツと練習する時間も、大切にしないと、技術は衰えて行ってしまうと思うのです。

当たり前のことだけど、練習時間を確保することはとても大切だと思います。
そんなことを胸に・・・今日は、けっこう沢山、練習しました。
by violinmusik | 2010-10-12 01:26 | 日常
昨日は、5子で中押し負け。
だけど、大分、形よく打てるようになってきたので、負けても満足でした。

そして、今日は、平塚まで行きました!
そうです、1000面打ちで有名な「湘南ひらつか囲碁まつり」です。
このお祭り、囲碁を初めた時から「いつか参加してみたい!」と思っていました。
今年、願いがかなって、本当に嬉しかったです。

会場には、たくさん棋士さんがいらしていました。
テレビでしか観たことがなかった棋士さん達が、
目の前で、わかりやすい囲碁講座を開いてくれたり、お話ししてくれたりします。
他にも、抽選会やミニライブを楽しんだり、漁師鍋をふるまってもらえたり、本当に盛りだくさんで、もう大興奮です。

そして、いざ、1000面打ち!!
これは、1000人の囲碁ファンがプロ棋士と囲碁を打つというイベントです。
手合い割りは自由だったので、わかさまは9子+4つ分の三三で13子(井目風鈴)置きました。
最初は盤上が真っ黒なのに、プロの先生に打たれて、みるみる白地がついてしまいました。
それでも、担当してくださった村松八段は、すっごくやさしく打って下さったので、19目ほど勝つことができました♪
やった〜!

それから、わかさま大ファンの武宮九段にサインを2度も頂いて、お話しまでさせてもらいました。
わかさまの生徒さんに、武宮先生の大ファンがいるので、今度のレッスンでその方に自慢するのが楽しみです。

今日はとっても楽しく刺激的な一日だったので、まだまだ興奮が冷めません!
だけど、そろそろ休んで、明日からの音楽ライフ(+囲碁ライフ)に備えたいと思います。
by violinmusik | 2010-10-11 01:17 | 囲碁