人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

10月6日に、かなっくホールでコンサートをさせて頂きます。
かなっくホールのスタッフさんと我々演奏者との打合せも大詰めに入って来ています。
素敵なコンサートが創れそうな予感がしています。
わかさま、今からとっても楽しみなのです。
・・・チケットレスなのでちょっとドキドキしちゃいますが。
演奏者わかさまが自分で言うのもなんですが、500円でこのコンサートを聴けるのは、随分お得だと思いますよ〜!
皆さん、お時間がございましたら、是非、ご来場下さいね!
どうぞよろしくお願い致します。

ワンコインコンサート詳細

かなっくホールの公演情報はコチラ

出演者インタビューもみてね♪
by violinmusik | 2010-09-30 02:55 | 演奏
またまた弦のお話です。

ワーシャルやパッショーネ(ソロ)を試していたのですが、
イマイチ納得できずにいました。

先週の本番は、なんと全部ドミナントで弾きました。
・・・ヴァイオリンを演奏しない人にはわかりにくい話ですみません。
ドミナントとは、安定感があるけど、音色がガット系の弦(パッショーネ、ワーシャルも比較的ガット系の音色です)とは正反対。
硬質で変化があまりないのが特徴です。
ではなんで、そのようなドミナントに行き着いたんでしょうね。
考えるに、ワーシャルの発音の難しさがちょっとストレスになって、音の立ち上がりの良いドミナントを目指したんでしょう。

でも、やっぱり物足りない。
そこで、昨日からガットの王様オリーブさまを装備しています。
しかも、G線D線はリジット(硬巻き)です。最高級ですね〜。
オリーブの弦に弓が触れる時、すごく懐かしくなりその心地よさに幸せを感じます。
小さいときから愛用してきたオリーブ。
その製法が手作業から機械での作業へと移行したとはいえ、あの古き良きオリーブの感触は健在です。
ただし、あと最低でも一週間は弦が馴染まないので苦労はしますが。
やっぱりオリーブかな。
一週間後くらいから威力を発揮し始めるオリーブの音色に期待しつつ、おやすみなさい♪
by violinmusik | 2010-09-29 02:17 | 演奏
今日の南区民文化センターでの発表会は、無事、終了しました。
生徒さん、素晴らしい演奏をして下さって有難うございました。
お忙しい中、ご来場くださった方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。

ただなぁ~
南区のスタジオは素敵な空間で、発表会にはもってこいの場所だけど
生徒さんの演奏を聴いていると、
・・・もっともっと残響のあるホールで弾いてもらいたいな、
って思うところなのです。。
広島市のホールを全部制覇するのも良いが・・・お隣の市のホールに乗り込んでみてもよいかなと。
今年よりももっと良い発表会にしたいですから、いろんな考えがグルグルと頭の中でまわっております。

そうそう、話は変わって。
次回、広島で皆様とお目にかかれるのは次のコンサートになりそうです。
11月です、「ジブリとディズニーと秋のうた」と題した、「こころの日」のイベントに参加させてもらいます。
中国新聞をチェックしてぜひ聴きに来て下さいね。

来週はお琴との初合わせ、アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾのリハーサル、カルテットののリハーサルで大忙し。
わかさま全力で頑張ります。
by violinmusik | 2010-09-26 23:45 | 演奏
明日のリハーサルをしたり、生徒さんの演奏を聴いたりして、今日も充実した一日でした。

そして、今日は新しい光が見えた日でもありました。
ライフワークにしている無伴奏ヴァイオリン作品の研究は、今後も行いますが、
加えて、これから少しずつ古典派デュオ作品の研究もしていこう!!
と思っていた矢先、ようやく一緒に勉強していただけるパートナーが見つかりそうなのです。
すっごく嬉しいです♪

それから、ずっと心に思い描いていた室内楽のコンサートが実現しそうです!
こちらも、共演者との出会いに感謝しつつ、コンサートを成功させたいです。

いろいろ楽しいことは多いのですが、一人でしっかり楽譜を読んだり練習をしたりしなくちゃ、合せた時の楽しさも半減しちゃいます。
もっと練習しよっと。

では、いよいよやってきました。
明日の発表会で!!
by violinmusik | 2010-09-25 23:05 | 演奏
大好きなベーグルとコーヒーで遅めのランチを頂きながら、
ドビュッシーのトリオの譜をもう一度丁寧に読み込んで、以前演奏したときとの変更点をチェック。
先日、西谷君と原さんとリハーサルをしたときのことを思い出しながら、頭の中で音を鳴らします。
うん、良いですな~こういうひと時に、幸せを感じます。

そして、今日のメイン・イベント!!
広島ジュニアマリンバアンサンブルさんとのリハーサルに向かいました。
到着するなり、チャールダーシュをリハーサル。
「こんばんは!」と挨拶をかわしたものの、初対面で、さてどうする・・・といった感じで、最初はお互い、慎重に音を重ねました。

お互いの音楽を知るためもあったのでしょう。指導者・浅田先生のご好意で、わかさま、ジュニアのみなさんに、フィガロの序曲、くまんばちの飛行、千の風になって、ふるさと、を聴かせてもらったんです♪
ま~~ほんとうにすごい!!
今回、ジュニアとの橋渡しをして下さった品川先生ご夫妻が心から応援されている(ジュニアの追っかけ隊です・笑!)理由がわかりました。
そのアンサンブルの気持ちのよさに、わかさまトランス状態、ふわふわしつつも、めちゃくちゃ感動しました。
みんなで音楽を創り、遊び、楽しんでいるんですね!

わかさまもジュニアのみなさんに津軽じょんがら節やツィゴイネルワイゼンを聴いてもらいました。

ジュニアのみなさんは、さらに情熱大陸とイエローサブマリンも聴かせてくれました♪
みんな、かわいい~~!!そしてブラボーでした。

それから、もう一度、リハーサル!
今度は、本当に気分良くぴったりと合いましたね♪
ジュニアのみなさんの吸収の速さに、驚きでした。

今日の感動と興奮を抑えるため(笑)、ワインを片手に今、このブログを書いています。

明日、ジュニアのみなさんは、またもや大切な本番があるようですね。
明日も素晴らしいコンサートになることでしょう!がんばって。

それから、広島にいらして、まだ広島ジュニアマリンバアンサンブルの演奏を聴いたことがない方は、ぜひぜひ、一度聴いてみてくださいね。
もちろん、来週末(10/3)の福井・鯖江のコンサートでは、昨年に引き続きたくさんの方に広島ジュニアマリンバアンサンブルの魅力を味わっていただけたら嬉しいです。

良い一日でした。
おやすみなさい!
by violinmusik | 2010-09-24 22:23 | 演奏
わかさま、フキゲンです。
高尾さまが負けちゃったから・・・う~。
でも、これからの四連勝を信じて、また応援に精を出したいと思います。

さて、今日もみたび発表会の宣伝でございます。
というのも、みなさん本当によく頑張っていらっしゃるので、多くの方に聴いてもらいたいのです。
下記「ヴァイオリン発表会」をクリックして頂くと、演奏曲目を確認できます。
(生徒さんのお名前などは、公表していません)

ヴァイオリン発表会の詳細

本当に小さな発表会ですが、会場が温かい大きな拍手で包まれるよう、願っています。
よろしくお願いいたします。
by violinmusik | 2010-09-23 21:29 | 演奏
今日は朝からレッスン、会場打ち合わせ、などなどで、てんこ盛り。

囲碁名人戦第3局もスタートしたので、移動時間は、携帯をチェックして速報をみていました。
こんな難しい碁のことは、ようわからんのだけど、それでもわかさまが必死で応援する高尾さまが劣勢のような気がします。
う~ん、明日一日、どうかどうか、良い碁を打って井山名人を負かしてください!!

と祈りつつ、晩御飯の準備をしていましたところ。


シュッ パ~~~~


右手の小指をスライサーでスライスしてしまいました。。
そして、あふれる血をみて、その場に倒れこみました。

そうなんです、わかさまは子供のころから自分の血をみると卒倒します。
なんて、か弱い!
・・・いえ、いえ、違うんです。臆病なだけです。
この転倒が原因で(2次災害)、最初の傷より大きなけがを負ったことが何度もあります。
たとえば、階段から落ちるとか。

今回は、目の前が真っ白になりながら、倒れる場所を探しました。
だいぶ慣れてきたのかもしれませんね!幸い2次災害はゼロでした。

切れた指の方は、夜のリハーサルが終わって、ようやく血も止まってきました。
弓を支え、時には舵取りをする小指ちゃんですから、やっぱりヴァイオリン弾いてるうちは出血し続けちゃうのです。

は~あ
いくつになってもそそっかしいわかさまでした。
by violinmusik | 2010-09-23 00:13 | 演奏
『演奏家のための「こころのレッスン」』
という本を読み始めました。
英題は『The inner game of music』です。

「inner game」=インナーゲームとは、主に勝負において、競技者の外側の世界で実際に行われるアウターゲームに対して、競技者の心中で行われるもうひとつの勝負のことを言います。
これはテニスコーチの発案した理論ですが、コントラバス奏者が音楽に応用し、よりよい音楽表現を目指す目的でインナーゲームを音楽に取り入れたのが本著です。


まず、演奏におけるインナーゲームの基本が、最初に述べられています。

第1に、演奏の方程式を以下のように表しています。

 実際の演奏=潜在能力-障害(自分自身を妨げる力)

 なるほど!
 演奏能力が劣ることよりも、この「障害」こそが我々の演奏を時に不本意なものにさせているんですね。

第2に、セルフ1とセルフ2という二人の自分の存在に気づくことが大事と述べています。

 セルフ1は、セルフ2に批判的で、可能性や能力を妨害します。(批判的な自己)
 セルフ1は「こうやったら間違えてしまうんじゃないか」とか「次に難しいパッセージがでてくる」とささやき、自分自身の能力を否定します。

 セルフ2は、可能性や能力を表現します。(創造的な自己)
 セルフ2の状態にあると、何も考えずに自由に演奏できます。

 ですから、このセルフ1の存在に耳を傾けないことが大事なんだそうです。そしてセルフ2を目指す!



まだ最初の方しか読んでないのですが、とても興味深い一冊です。
また全部読んだら感想を書きますね♪
by violinmusik | 2010-09-22 00:22 | 読書
発表会を主催するのって、楽しいこともたくさんありますが、大変なこともあります。
先週末辺りから、少しずつ用事が増えてきました。
今日は、プログラムと進行表が完成しました!
この一週間、生徒さんのレッスン/伴奏合わせ/リハーサル、講師演奏のリハーサル、会場の打合せetc...
もうちょっとやらなくてはならないことが残っています。
生徒さんも、最後の追い込みに入っているようです。
私も健康管理に気をつけて頑張ろうと思います。

ヴァイオリン発表会
9/26(日)15:30開場/16:00開演/18:00終演
広島市南区民文化センター・スタジオで
入場無料です。

是非、いらして下さいね。
by violinmusik | 2010-09-21 01:36 | 演奏
高尾棋士が負けちゃって、ちょっと沈みました・・・
でも、これから4連勝されると思います!
高尾棋士とは歳が同じという理由だけで、かなり感情移入しつつ心から応援しているわかさまです。

先週に引き続き、走っています。
やっぱりきっかり1時間です、もうちょっと時間を増やそうかな。
なーんてちょっと余裕も出てきました。
でも一日だけ多く走るより、少しでもコツコツと続けることの方が大事ですよね。
根気強く、風を楽しみつつ、走り続けたいな。
by violinmusik | 2010-09-20 01:23 | 日常