カテゴリ:演奏( 242 )

先週の土曜日に弦楽五重奏のコンサートに出演してきました169.png



f0127708_06240551.jpg



プログラムは全て弦楽五重奏のオリジナル作品。


アイネ・クライネ・ナハトムジークは弦楽四重奏で演奏されることが多いですが、
コントラバスが入らなきゃならない作品だな、とあらためて感じました。
和音が豊かに響き、一気にオーケストラのようなサウンドになります。



続いては ゾルターネ。
コントラバスの中村勇一さんが親交のあるシュテファン・シェーファー氏の作品。

日本ではまだあまり知られていなくて、演奏の機会も多くありません。ですが、お客様はゾルターネをとても気に入ってくださったようです。「また聴きたい!」との多くの感想、しっかりと受け止めました。



最後はドヴォルザークの弦楽五重奏曲第2番。
お客様との交流会の時にも「どこをとってもドヴォルザークの香りがいっぱい」とおっしゃってた方がいました、その通りの名曲です。
また、チェコの牧歌的な美しい風景を思い浮かべて頂けたようですね。



今回はがっつりの2時間プログラムで、お客様を飽きさせてしまわないかなあ、と少し心配していたのですが、
「良いプログラムでした」
「オーケストラのような響きにききいりました」
etc.
大好評で、とても安心しました。
さすが、チェロ奏者・櫻井慶喜さんの企画です。櫻井さんのお話もお客様の胸にすっと入っていくような温かさがあって、親しみを感じで頂けたのではないでしょうか。


11月からこのチームでお世話になりましたが、本当に楽しかったです♪

ヴァイオリン奏者の小池彩織さんの意思のあるステキな演奏。
経験豊かで音楽性に溢れていらっしゃるヴィオラ奏者の植村理一さん。
お二人のお力なくしてこのチームは成り立ちませんでした。またどこかで一緒に演奏できたら嬉しいです。

櫻井さん、中村さんとは20年近く仲良く演奏させて頂いています。これからもアンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ内でもその他のコンサートでも、よろしくお願いします。




終演後。
2時間がっつりの後で笑みは少なめですね…
f0127708_06415111.jpg





by Violinmusik | 2019-02-19 06:21 | 演奏

昨年末に、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番を三原室内管弦楽団の定期演奏会で弾かせてもらいました。


その模様がYouTubeにアップされました。





ブルッフに縁のあった2018年。
大好きなブルッフの作品をたくさん演奏できて
幸せな一年でした。



でも
ブルッフの作品のスコアをながめながら
…ずっと前から知っていたのに
知らないことばかりだった…
と思わずため息が出てきました。



素晴らしいオーケストレーション。
一つ一つの動機が、無駄なく半端なく、旋律を編み上げていくような。
旋律と旋律が重なり合って、深いハーモニーを創りだすような。


新たに知ったこと
感じたことが いっぱい。





今年はどんな作曲家
どんな作品の魅力に触れられるのでしょうか。





ちなみに
当日のアンコールはコチラ




パガニーニの演奏も
私のライフワークです。


そして
このブログを書くことも
ライフワークになるよう…
また書きますのでお立ち寄りください。


最後までお読み頂き
ありがとうございました。


by Violinmusik | 2019-01-23 15:39 | 演奏
発表会が終わりました!
みんな力を出し切ってくれて、とても良い会になり感ました。初めて取り組んだアンサンブルも、お客さんに喜んでもらえて良かったです。みなさん、本当におめでとうございます。

ピアノな伴奏をほとんどして下さった寺本沙綾香先生、
スタッフの方々、記念館の方々
ありがとうございました。


f0127708_05474124.jpg


by Violinmusik | 2017-12-25 05:43 | 演奏
来月、CDが発売されることになりました。

Salley Garden

f0127708_06080555.jpg

このCDが出来上がるまでに、公私にわたっていろいろな出来事がありました。
悲しいこともたくさん。

だから、とびっきり明るいCDを創りたかったのです。
音色もさわやかに、聴いてくれた方々が気分が上向くような・・・

長年、弾きあたためていたバッハやピゼンデルは自筆譜を見直して解釈を改めました。
パガニーニのソナタは難しいことを悟られないように軽々弾けるように努力努力。
おそらくパガニーニには全然難しくなかったであろう作品も、私には大変だったな〜。
藤本幸男先生のご快諾のもと「津軽じょんがら節」を収録させてもらったり
ロージャヴェルジの「望郷」という珍しい作品も入れてみたり。
「憂うつなガイヤルド」や「サリーガーデン」は私の編曲。

何度か挫折しそうになった今回のプロジェクトでしたが
多くの方にに支えられてようやく産み出すことができ、発売まであと一ヶ月をきりました。
特に、辛抱強く待って下さっていたStudio N.A.Tさんと
忘れることの出来ないアドバイスをくれた友人に感謝の想いでいっぱいです177.png
ありがとう


by Violinmusik | 2017-11-23 06:26 | 演奏
日曜日は鴻巣市文化祭の一環として行われる合同発表会「鴻響楽」に出演して来ました。
このコンサートに出演するのは多分、3回目だったかな。
ブラームスの三重奏1番の1楽章のみ演奏させてもらいました。
いつも温かく迎えて下さる演奏団体のみなさまに心から感謝〜162.png
そして、財団の方々、お世話になりました。

さて、そして節分のコンサートではいよいよブラームス全曲とメンデルスゾーンの2番という名作トリオを楽しんで頂きます。
田中希代子さんとはベートヴェンのソナタ全曲制覇中の仲だし、櫻井慶喜さんとは17年来のヴィルトゥオーゾ仲間で4年間OWL Piano Quintetでもご一緒してます。
良いトリオとなることと確信しています164.png
チケットは既に発売となっているようですのでお早めにお求め下さいませ。

ヴィルトゥオーゾ音楽の森・冬

↓こちらはクレアこうのすの情報誌です。
石田組ではありません〜笑


f0127708_05245554.jpg


by Violinmusik | 2017-11-15 05:40 | 演奏
おとといは

たくさんのお客様にご来場いただき

有難うございました169.png


クラシックライブのスタッフさんとはもう20年のおつきあい

安心して舞台に立つことができて

とっても嬉しかったです


コンサートのご感想で多かったのは


ロドリーゴ ピンパンテ・ソナタ かっこよい曲ですね177.png
というものでした
お忙しい高橋望さんに無理を言いまして、、この曲を演奏出来たのは本当に良かったです
110.png

f0127708_05345516.jpg

みなさま 終演まで あたたかく見守って下さって 本当に有難うございました 162.png162.png162.png





by Violinmusik | 2017-07-19 05:46 | 演奏
今年もピアノ五重奏 OWL Piano Quintet の定期演奏会が無事、終わりました。
意外にもターフィー・ツウィリッヒの五重奏が一番人気060.gif
かっこよくて私も大好きになりました。
もちろん、リース、フォスター組曲、梟ともども、楽しんでいただけたようでとても嬉しいです。

OWL Piano Quintet 弦楽チーム 次は、アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーソの定期演奏会でご一緒させて頂きます。
私事ながら鴻巣ヴィルは今年もトップとの噂が015.gif・・・がんばります。。

f0127708_05301737.jpg


by Violinmusik | 2015-09-15 05:36 | 演奏
昨日はガレンホールでの無伴奏ヴァイオリン作品のコンサート(全6回)の最終回でした。
雨の中、本当にたくさんのお客様にお集り頂き、有難うございました。
とても楽しくコンサートをしめくくることができて感謝しております。

このシリーズが始まった後、家族の死があり誕生があり。。
いろいろなことがありましたが、全て弾ききることができました。
心から応援して下さる藤原先生ご夫妻、最初から聴いて下さっているお客様、
そして最高の音楽教育を施してくれた母や父、私の活動をサポートしてくれる新しい家族・・・
皆の理解と協力なくして昨日のコンサートは成立しなかったと思っています。
私は本当に幸せです。

昨日は
ヴュータン:無伴奏ヴァイオリンのための6つの小品Op.55より第6番「序奏とフーガ」
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタOp.27より第6番ホ長調
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調BWV.1006
アンコールとして
ビーバー:パッサカリア
青森県民謡:津軽じょんがら節
を演奏しました。

ヴュータンは難しくて1年以上練習しましたが、やっぱり大変な作品でした。強敵です。
イザイは楽しい作品ですが、バッハはやっぱり奥が深い。
私の演奏でパッサカリアの精神性を皆さんにお伝えすることができたのか、、心配しながらもオハコの津軽じょんがら節でしめさせて頂きました。

これからも無伴奏ヴァイオリンのコンサートを続けていきます。
もちろん、ホールだけでなくコンサートサロンでも、またちょっとした皆さんのお祝い事のお席でも、心をこめて演奏していきたいです。
by Violinmusik | 2015-05-31 06:02 | 演奏
今月はソロ、室内楽といろいろな共演者とご一緒しました。
中でもスプリング・ソナタを異なる共演者で何度か演奏出来たこと、同じ共演者でバッハの大作「ゴルトベルク変奏曲」を2度演奏したことは、とても嬉しいことでした。演奏していて「幸せだな・・・」と心から思えるひとときでした。ご一緒させてもらえたことに感謝!そして演奏を温かく聴いてくださったお客様、本当に有難うございました。

私のライフワークは無伴奏ですが、素晴らしい室内楽作品を共演者とともに演奏することは無伴奏作品を取り組むにあたっても大きな糧となっています。

来月は無伴奏ヴァイオリン作品のコンサート、再来月はトリオのコンサートと、大きな宿題を抱えさらにヴァイオリンに没頭できそうです。そして7月には生徒さんたちの実技試験があります。生徒さんの佳き指針となれるよう、日々精進していきたいと思っています!
by Violinmusik | 2015-04-30 07:40 | 演奏
私がヴァイオリンを弾いているOWL Piano Quintetの初ミニアルバムがリリースされました!!
OWL Piano Quintetとは、、
「徹底した音楽観で選曲にも拘った奏者たち、知恵の鳥フクロウさながらの知的な音楽性」(2014年11月号「音楽の友」掲載・上田弘子氏著)
「聴く機会の少ないピアノ五重奏を《ます》抜きでやるのが面白い。ていねいで好感のもてる演奏会」(2014年9月6日「可変日記」掲載・山崎浩太郎氏著)
・・・と各界から高評を得ている注目の五重奏団です。

シェーファー作曲「梟」と塩見康史さん編曲の「日本のうたファンタジー」が収録されています。「梟」は冒頭のコントラバス、チェロのソロは重苦しい中にも光が差し込んでくるような演奏で素敵です。ピアノの華やかで美しい音色のソロ、ヴィオラの嘆きのようなソロも堪能できます。もちろんヴァイオリンもちゃかちゃかがんばっています。「日本のうたファンタジー」はジャズ風、カントリー風、いろいろありの編曲の素晴らしさが光ります。五種の楽器の魅力が満載ですので、是非、ダウンロードして聴いてみて下さいね。

Amazon、moraでも配信中ですがここではiTunesの紹介をさせて頂きます。
アウル・ピアノクインテット「ふくろう」
by Violinmusik | 2015-04-01 05:58 | 演奏