人気ブログランキング | 話題のタグを見る

近況

富山での2つの公演が終わった。
オーケストラアカデミーの公演は、矢部達哉先生、高関健先生のご意向もあって急遽、コンサートマスターをつとめさせていただくことになった。
ブラームスの交響曲第1番は、ヴァイオリンソロ部分もあって、とても緊張した。
しかし、矢部先生のお隣に座らせていただき、本当にたくさん得るものがあった。
アカデミーの鈴木先生にも「指揮者が二人いらないという意味がわかったかな?」というふうに問いかけられたが、そう、少し分かった気がした。
ただ、分かっただけで、自分が単独で矢部先生のようなコンサートマスターぶりを発揮することはまだまだできない。
少しずつ少しずつ勉強の毎日である。

バロックの公演は、バロックヴァイオリンの楽器自体も大分いろんな主張をしてくるようになったような感じで、楽器と一緒にバロック音楽を楽しむ余裕もできてきた。
11月もバロック公演が二つあるので、さらに楽器の演奏法を探りつつ、楽しんで音楽をあたためていきたい。

今週は、広島で2つの公演に参加する。
上野眞樹さんのリサイタルのお手伝い、「こころ」での新実先生の作品の演奏である。
芸術の秋、私も音楽を身体全体に染み込ませ幸せになろうっと。
by violinmusik | 2007-10-11 00:42 | 演奏