人気ブログランキング |

コンチェルト

初めて協奏曲のソリストを務めたのは、小学6年生のとき
H.ヴィエニアフスキのヴァイオリン協奏曲第2番 ニ短調 op.22
を、たしか大阪音楽大学のオーケストラと共演した。
ヴィエニアフスキは、当時、私がもっとも好きな作曲家であった。
若干、背伸び感はあったけれど、夢中になって弾いたのを覚えている。
気持ちよかった・・・
それ以来、コンチェルトのソリストのお話を頂くと、いつも小躍りするくらい幸せな気持ちになる。
今年も、三原室内管弦楽団さんよりモーツァルトのお話しを頂いているし
他にも、うまくいけばソリストになれそうな機会がある!
今は、ひたすらJ.シベリウスのヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47を勉強中である。
オーケストラとの共演を目指して、日々、練習を積んでいこうと思っている。
by violinmusik | 2007-05-01 00:13 | 演奏