第36回 三原室内管弦楽団 定期演奏会


昨年末に、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番を三原室内管弦楽団の定期演奏会で弾かせてもらいました。


その模様がYouTubeにアップされました。





ブルッフに縁のあった2018年。
大好きなブルッフの作品をたくさん演奏できて
幸せな一年でした。



でも
ブルッフの作品のスコアをながめながら
…ずっと前から知っていたのに
知らないことばかりだった…
と思わずため息が出てきました。



素晴らしいオーケストレーション。
一つ一つの動機が、無駄なく半端なく、旋律を編み上げていくような。
旋律と旋律が重なり合って、深いハーモニーを創りだすような。


新たに知ったこと
感じたことが いっぱい。





今年はどんな作曲家
どんな作品の魅力に触れられるのでしょうか。





ちなみに
当日のアンコールはコチラ




パガニーニの演奏も
私のライフワークです。


そして
このブログを書くことも
ライフワークになるよう…
また書きますのでお立ち寄りください。


最後までお読み頂き
ありがとうございました。


by Violinmusik | 2019-01-23 15:39 | 演奏