人気ブログランキング |

ガレンホール最終回

昨日はガレンホールでの無伴奏ヴァイオリン作品のコンサート(全6回)の最終回でした。
雨の中、本当にたくさんのお客様にお集り頂き、有難うございました。
とても楽しくコンサートをしめくくることができて感謝しております。

このシリーズが始まった後、家族の死があり誕生があり。。
いろいろなことがありましたが、全て弾ききることができました。
心から応援して下さる藤原先生ご夫妻、最初から聴いて下さっているお客様、
そして最高の音楽教育を施してくれた母や父、私の活動をサポートしてくれる新しい家族・・・
皆の理解と協力なくして昨日のコンサートは成立しなかったと思っています。
私は本当に幸せです。

昨日は
ヴュータン:無伴奏ヴァイオリンのための6つの小品Op.55より第6番「序奏とフーガ」
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタOp.27より第6番ホ長調
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調BWV.1006
アンコールとして
ビーバー:パッサカリア
青森県民謡:津軽じょんがら節
を演奏しました。

ヴュータンは難しくて1年以上練習しましたが、やっぱり大変な作品でした。強敵です。
イザイは楽しい作品ですが、バッハはやっぱり奥が深い。
私の演奏でパッサカリアの精神性を皆さんにお伝えすることができたのか、、心配しながらもオハコの津軽じょんがら節でしめさせて頂きました。

これからも無伴奏ヴァイオリンのコンサートを続けていきます。
もちろん、ホールだけでなくコンサートサロンでも、またちょっとした皆さんのお祝い事のお席でも、心をこめて演奏していきたいです。
by Violinmusik | 2015-05-31 06:02 | 演奏