オウル・ピアノ・クインテットによる「真夏の夜の森」

気温は37度を超えたとか!そんな真夏の暑いお昼に、オウル・ピアノ・クインテットの演奏会を聴きに来て下さって本当に有難うございました。
会場のあるクレアこうのすがある鴻巣市は、都内よりもさらに暑い気がしました。
体調を崩された方がいないことを祈りつつ・・・演奏会の報告です。

プログラムは以下の通り
・ヴォーン=ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲
・ヴォーン=ウィリアムズ:ピアノ五重奏曲 ハ短調(1903)
・塩見康史編曲:「日本のうたファンタジー」~ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ピアノのための~
・シェーファー:ピアノ五重奏曲「梟(OWL)」
アンコールは
・マシュー:ファイブ・トゥー・タンゴ

最後まで集中して聴いて下さったお客様、本当にありがとうございました。
そして、クレアこうのすの職員やスタッフの皆様、オウルのメンバーとそのご家族の皆様には、この場をお借りして心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。お世話になり有難うございました。


私達の五重奏団は、昨年7月20日に「鱒」(シューベルト作曲)を中心としたコンサートを行いました。「鱒」とあわせて、そのアンコールで演奏した「梟(フクロウ)」(シェーファー作曲)の最終楽章をご来場のお客様が大変気に入って下さいました。もちろん、私達も素敵な曲に出会えたことに感謝しつつ、この作品をもっと多くの方に聴いてもらえたら思いました。そこて、この作品を見つけて来て下さったコントラバスの中村勇一さんのよびかけにより、正式に五重奏団を結成することになりました!

オウル・ピアノ・クインテット
どうぞ皆さんまずはこの名前を忘れないで下さいね♪

そして興味を持って下さったのに、まだオウルを聴いた事がない!という方は
オウル・ピアノ・クインテット 公式ブログ
をのぞいてみて下さいね。

さらに、演奏を聴きたいなぁ〜と思われた方は、9月6日ルーテル市ヶ谷の東京公演にいらして下さい。

最後に、昨日は長年お世話になっているクレアこうのすの遠藤様の発案により、お月様と「梟」を競演させるという素晴らしい舞台を作って頂きました。演奏風景の写真を載せてみます。

f0127708_5153675.jpg


今後のオウル・ピアノ・クインテットの活躍もご期待下さい!
[PR]
by Violinmusik | 2014-07-27 05:20 | 演奏