人気ブログランキング |

カロローザ第51回定期演奏会・東京公演

カロローザのコンサートはお天気が乱れる事が多いのですが、日曜日は文句無しのハレ!
200名近くのお客様をお迎えして、客席も華やかでした。

竹村さんの「ピアノのために」でしっとりと始まり、森田さんと小菅さんのラフマニノフのチェロソナタでは音楽の語り合いが愉しく情熱溢れる演奏となりました。
休憩を挟んで演奏された池永さんのプロコの5番は、あまり演奏される機会のない作品ですが、美音と豊かな音楽性で会場のお客様を魅了していました。
最後は田中さんのコンチェルト3番。編曲者の飯沼信義先生がお話しくださって演奏がスタート。
弦楽五重奏の伴奏の一員として私も演奏させてもらいました。小さな頃から大好きだったコンチェルト3番を、中学の頃から大ファンだった飯沼先生の編曲で演奏出来て幸せでした。田中さんのソロはピアノの音色も魅力的でしたし、迫力があって素晴らしかったです。

無事、終演出来て良かったです。
カロローザのお世話係もしていたので、スタッフとしてもホッとしています。

ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。
by Violinmusik | 2014-04-29 06:40 | 演奏