人気ブログランキング |

ガレン・サロンコンサート

ヴュータンとイザイの4番、そしてバッハのパルティータ第2番を呉のガレン・ホールで演奏してきました。

ヴュータンはあまり演奏機会が多くないので、ご来場の方全員が初めて耳にしたことでしょう。
イザイは最近は、いろんなコンサートで多くの演奏家が弾いていらっしゃるので、比較的お耳に馴染みもあるのでしょうか。
最後は、パルティータ第2番。これは、バッハの残した1000曲を超える作品の中で最も有名なものの一つといえます。なぜなら、第5楽章に置かれた「シャコンヌ」は、あまりにも有名ですから。後世の作曲家たちもこの作品から影響を多いに受けたからでしょう、弦楽合奏やヴィオラ、チェロのためのもの、そしてピアノのための作品として改編され引き継がれています。無伴奏ヴァイオリンが原曲であることは誰しもご存知ですが、それを弾けるのはヴァイオリニストの特権!本当に幸せな事と感じております。

さて、ガレンホールの藤原先生ご夫妻には、私のライフワークとしております無伴奏ヴァイオリンの演奏をもう何年も前から支援して下さっていて、心から感謝しております。本当にありがとうございます。

そして、ご来場のお客様、このたびは初めてお会いする方もたくさんいらっしゃいましたが、また呉でお会い出来ましたら大変嬉しく思います。ご要望のありましたCDですが、私のサイトへお問い合わせ頂くか、Amazon.さんでも購入出来ますので是非、お買い求め下さいませ!
by Violinmusik | 2013-12-09 07:04 | 演奏